米政府はプライバシーコインとの闘いを一段と高めている模様

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

NSAがMoneroやZcashといった暗号通貨の取引を追跡する事に関心がある事は以前から知られている通りです。これらのアルトコインはBitcoinよりもはるかに匿名性が高く、そのため司法機関にとって頭痛の種となっています。

暗号通貨の歴史はプライバシーとの闘いでもありました。暗号通貨がここまで台頭した理由のひとつは、プライバシーを権利であると主張したサイバーパンクの働きによるものです。

サイバーパンクのマニュフェスト:

A Cypherpunk’s Manifesto

Bitcoinが誕生して間もなく、Bitcoinはダークウェブで勢力を伸ばしたシルクロードに採用され暗号通貨の代名詞となりました。

プライバシーコインの台頭

2013年にシルクロードは司法機関により閉鎖され、その後Bitcoinの取引は司法機関により追跡可能である事が明らかとなりました。そしてプライバシーコインが次々と誕生しました。

その内のひとつが2014年4月に誕生したMoneroです。

MoneroはBitcoinとは異なった手法で取引を匿名化しています。実際、2018年に猛威を振るったランサムウェア攻撃では半数近くでMoneroが利用されました。

Moneroはダークウェブで広く使用されるようになり、多くの犯罪者から支持を受けました。

このような状況でDHS(国土安全保障省)は相当な予算(2017年は400億ドル)を割り当てられており、犯罪組織が利用しているであろうプライバシーコインの追跡にDHSが関心を持っている事は当然と言えます。

今のところプライバシーコインの匿名性は破られていないようですが、DHSや民間企業がプライバシーコインの追跡方法を暴き出すかどうか、それは当面なさそうではありますが、可能性がゼロではない事は認識しておく必要がありそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする